Quark XPressからPDFデータに変換(Acrobatが無い場合)

1.PostScriptプリンタの追加

基本設定を行いますので、ファイルは開かず作業を行ってください。

1-1.Quark CMSの設定

アプリケーションを起動し、

Quark>>環境設定

1

=RGBのカラーマネージメントの設定=

環境設定ウィンドウで”Quark CMS”を設定します。

”カラーマネジメントを使用”にチェックを入れ、

”モニター”は「なし」、を選択し、”コンボジェット出力”、”色分解出力”は共に「Japan Color 2001 Coated」を設定します。

”ソリッドカラー”、”イメージ”の”プロファイル”は共に、「Adobe RGB(1998)」を設定します。

”レンダリングの対象”はプロファイルデフォルトを設定します。

1-2rgb
※.epsのリンク画像は必ずあらかじめCMYKにしてリンクさせてください。書き出しの際CMYKに変換されません。

=CMYKのカラーマネージメントの設定=

”CMYK”のタブをクリックし、CMYKのプロファイルの設定をします。

”ソリッドカラー”、”イメージ”の”プロファイル”は共に、「Japan Color 2001 Coated」を設定します。

”レンダリングの対象”はプロファイルデフォルトを設定します。

1-2

2.PostScriptプリンタの設定

2-1.プリンタ設定ユーティリティの起動

アプリケーション>>ユーティリティ>>プリンタ設定のユーティリティ.app

2-1printer

2-2.プリンタプラウザ

プリンタリストのウィンドウで”追加”をクリックします。

2-2printer_list

プリンタブラウザのウィンドウでIPプリンタをクリックします。

”アドレス”で下記の数字を入力し、追加をクリックします。

「127.0.0.1」

2-3ipadd

プリンタリストに「127.0.0.1    一般的なPostScriptプリンタ」が追加されます。

2-4printer_list2

QuarkからPDFを制作する場合は、このプリンタをデフォルトに設定します。
デフォルトに設定した場合、文字が太字で表示されます。

3.PDFの設定

Quark>>環境設定

1

3-1.環境設定ウィンドウで”PDF”を選択します。

”仮想メモリ”は「1024」MBとし、”デフォルト名”は「.pdf」を選択し、デフォルトのオプションをクリックします。

3-1

=レイアウト=

特に設定する必要はありません。(もしファイルを開いている場合は情報が表示されます)

3-2layout

=ハイパーリンク=

3-3-link

特に変更はないので、上記と同じであれば問題ありません。

=ジョブオプション=

”全フォトを埋め込む”にチェックを入れます。

次に”サブセット全フォントに対する割合”にチェックを入れ、100%であることを確認してください。

”圧縮”の部分は「手動ZIP(8ビット)」にし(”白黒画像”の部分はZIPだけです)、

”解像度”は「解像度を保持」を選択し、”テキストとラインアート圧縮”にチェックを入れます。

3-4option

=出力=

”種類”は「コンボジェット」、”印刷カラー”は「CMYK」を選択します。

”トンボ”は「オフ」、”ブリード”の”種類”は「均等」、”値”は「3㎜」をそれぞれ選択します。

3-5out

=OPI=

”OPIアクティブ”のチェックは外します。

3-6opi

=プロファイル=

”色分解”、”コンボジェット”は共に「Japan Color 2001 Coated」を設定します。

3-7profile

すべて良ければ、”OK”をクリックします。

4.PDFファイルを書き出す

ファイル>>書き出し>>PDF

4-save

保存先を任意で指定します。

新規ファイルで、設定がデフォルトの場合そのまま書き出してください。

アップデート、流用データ等の場合はデータの確認のため、下記に進んでください。

4-1.設定内容を確認する

アップデート、流用データ等の場合、設定が適用されていない場合があるので、上記の内容と同じであるか、必ず確認してください。

任意で設定内容を確認・再設定する場合は”オプション”から設定をします。

4-1option

PDFファイルの確認

y[Wgbv

  • コンテンツ open all | close all
  • お役立ち情報 open all | close all