Quark XPressからPDFデータに変換(Acrobatで行う場合)

1.Adobe PDFの設定

Adobe Acrobat Distiller を起動します。

1-distiller

設定>>Adobe PDF設定の編集

1-setting

=一般=

”互換性のある形式”は「Acrobat 5.0(PDF 1.4)」を選択し、綴じ方は左を選択します。

”解像度”を「2400dpi」に設定します。

”Web表示用に最適化”のチェックを外します。

1-1ippan1

=画像=

”カラー解像度”、”グレースケール”、”白黒画像”の3項目で、それぞれ、”ダウンサンプル”は「オフ」に、”圧縮”は「ZIP」にします。

1-2gazo

=フォント=

”すべてのフォントを埋め込む”と”サブセットの全フォン取り対する割合”にそれぞれチェックを入れてください。

”埋め込めなかったときの処理”は処理を中止しない用にするために、「警告した後続行する」を選択してください。

1-3font

=カラー=

”カラーマネジメントポリシー”は「カラー変更なし」を選択します。

1-4color

=詳細設定=

一番下の項目”EPSファイルのページサイズ変更とアートワークの中央配置”にチェックを入れてください。

1-5detal

=規格=

”準拠する規格”は「なし」を選択し、”別名保存”をクリックします。

1-6standerd

名前を付けて、設定内容を保存すると、設定の項目に追加されます。

今回は「PS to PDF XPress」とします。

2.Distillerの監視フォルダを指定

初めに、任意のディレクトリに”Distillerの監視フォルダ”用の新規フォルダを作成し、任意の名前を付けます。

今回は、仮に「PDFX UNI」というフォルダーを作成します。

2-0

再びAdobe Acrobat Distillerを起動します。

設定>>監視フォルダ

2

フォルダを追加をクリックしします。

2-1addfolder

先ほど作成したフォルダを選択し、”開く”をクリックします。

2-2folderopen

“Adobe PDF 設定を選択”で、先ほど登録した項目を読み込みます。

2-3pdf-setting-load

これで、監視フォルダの設定が完了しました。

2-4

監視用フォルダのチェック間隔を3秒に設定します。

※先ほど作成したフォルダ内に設定ファイルとin、outのフォルダが作成されています。

2-5

3.環境設定

3-1.Quarkへの”監視フォルダ”の設定

Quarkを起動します。

Quark>>環境設定

3-setting

”PDF”を選択し、”PostScriptを一時作成”を選択し、”監視フォルダ”にチェックを入れ、”選択”をクリックします。

3-11

先ほどの監視フォルダの”In”を選択し”選択”をクリックます。

3-2folder

”仮想メモリ”は「1024」MBとし、”デフォルト名”は「.ps」を選択し、デフォルトのオプションをクリックします。

3-1-2

=レイアウト=

特に設定する必要はありません。(もしファイルを開いている場合は情報が表示されます)

3-2layout

=ハイパーリンク=

3-3-link

特に変更はないので、上記と同じであれば問題ありません。

=ジョブオプション=

”全フォトを埋め込む”にチェックを入れます。

次に”サブセット全フォントに対する割合”にチェックを入れ、100%であることを確認してください。

”圧縮”の部分は「手動ZIP(8ビット)」にし(”白黒画像”の部分はZIPだけです)、

”解像度”は「解像度を保持」を選択し、”テキストとラインアート圧縮”にチェックを入れます。

3-4option

=出力=

”種類”は「コンボジェット」、”印刷カラー”は「CMYK」を選択します。

”トンボ”は「オフ」、”ブリード”の”種類”は「均等」、”値”は「3㎜」をそれぞれ選択します。

3-5out

=OPI=

”OPIアクティブ”のチェックは外します。

3-6opi

=プロファイル=

”色分解”、”コンボジット”は共に「Japan Color 2001 Coated」を設定します。

3-7profile

すべて良ければ、”OK”をクリックします。

3-2.Quark CMSの設定

=RGBのカラーマネージメントの設定=

環境設定ウィンドウで”Quark CMS”を設定します。

”カラーマネジメントを使用”にチェックを入れ、

”モニター”は「なし」、を選択し、”コンボジェット出力”、”色分解出力”は共に「Japan Color 2001 Coated」を設定します。

”ソリッドカラー”、”イメージ”の”プロファイル”は共に、「Adobe RGB(1998)」を設定します。

”レンダリングの対象”はプロファイルデフォルトを設定します。

1-2rgb
※.epsのリンク画像は必ずあらかじめCMYKにしてリンクさせてください。書き出しの際CMYKに変換されません。

=CMYKのカラーマネージメントの設定=

”CMYK”のタブをクリックし、CMYKのプロファイルの設定をします。

”ソリッドカラー”、”イメージ”の”プロファイル”は共に、「Japan Color 2001 Coated」を設定します。

”レンダリングの対象”はプロファイルデフォルトを設定します。

すべて良ければ”OK”をクリックします。

1-2

4.PDFファイルの書き出し

PDFに変換するファイルをQuark Xpressで開き、PDFファイルを制作します。

※書き出しをする前にあらかじめDistillerを起動してください。

ファイル>>書き出し>>PDF

4-output_pdf

“監視フォルダ”の”In”を選択し保存をクリックします。

4-2

※”In”のフォルダにはPSファイルが書き出されます。

”Out”のフォルダを開くと、”In”に保存したPSファイルが、PDFファイルとして書き出されています。

PDFファイルの確認

y[Wgbv

  • コンテンツ open all | close all
  • お役立ち情報 open all | close all