Illustrator形式からのプリント

1.カラーモードのチェック

もし制作したデータが、RGBプレビューの場合、印刷用に最適化するために、ドキュメントのカラーモードをCMYKにする必要があります。

1.1カラー設定の変更1

CMYKモードで制作している場合は次の項目へ

※カラーモードを変更する

カラーモード変換後再度データを確認し調節してください。

※色の変化はRGBとCMYKの式域の違いによるものです。

トラブルをなくすために新規ドキュメント制作段階でCMYKモードで制作することをおすすめします。
※これらは、4色プロセスカラーを前提にしています。変換前にスウォッチカラーパレットを設定しておくと便利です。

1.2カラー設定の変更2

カラーモードの変更が終わったら、カラーマネージメントポリシーの設定を行います。
編集>>カラー設定

ai-print-1

”設定”の部分を「プリプレス用-日本2」に変更します。

ai-print-1-2-11

2.リンク画像のチェック

ウィンドウ>>リンク

ai-print-2

リンクパレットを開き画像の名前が入っている場合はモード変換での影響はありません。
画像が埋め込みになっている場合、色が変化する場合がありますので、確認の上再度リンクし直してください。

ai-print-2-1

3.ドキュメントの設定

アートボードのサイズを変更する場合は
Illustratorでの入稿データ制作の手引きを参照

4.プリント

ファイル>>プリント

ai-print-5

=一般=

プリンタの機種により異なりますが用紙サイズはドキュメントより一回り大きいサイズを選択し、”オプション”で、”拡大・縮小しない”にチェックを入れます。

※大きいサイズでのプリントが出来ない場合はドキュメントとと同じサイズの用紙を選択し、トンボなしでプリントしてください。

ai-print-5-1

=セットアップ=

”トリミング”は「アートボード」を選択します。
”タイトル”は、「1ページのみ」を選択します。

ai-print-5-2

=トンボの断ち落とし=

”トンボ”の設定は、カラーバーをのぞき全てにチェックを入れてください。

”種類”は日本式を選択します。

”断ち落とし”は全て3㎜にします。

ai-print-5-3

=色分解=

“色分解”で「コンボジェット」を選択します。

”プリンタ解像度”はできるだけ高解像度にしてください。※プリンタにより異なりますので、任意に調整してください。

ai-print-5-4

=グラフィック=

”フォント”の”ダウンロード”で、「すべてのフォント」を選択します。

ai-print-5-5

=カラーマネジメント=

”カラー設定”で「Illustratorのカラー設定を選択、

”プロファイル”で「Japan Color 2001 Coated」を選択、

”マッチング方法”で「知覚」を選択します。

ai-print-5-6

=詳細設定=

”オーバープリント”は「保持」を選択し、

”プリセット”は「中解像度」を選択します。

ai-print-5-7

5.プリントする

”プリンタ”で対象プリンタを選択します。

プリンタ固有の設定項目にてプリントの仕様を指定します。

内容を確認して、”プリント”をクリックしてください。
※この場合、Illustrator側でカラー変換(カラーマネージメント)を行いますので、プリンタ側ではRGB→CMYKの変換設定は行いません。プリンタ側のRGB補正はオフにしてください。

y[Wgbv

  • コンテンツ open all | close all
  • お役立ち情報 open all | close all