InDesignからPDFに変換-Mac

1.ドキュメントの設定

InDesignを起動します。

ファイル>>ドキュメント

1-docu

詳細説明をクリックします。

1-1base

裁ち落としと印刷可能領域

裁ち落としを天地左右それぞれ3㎜にしてください。

1-2detail

印刷可能領域は、特殊な場合を除いて、0㎜でかまいません。

※見開きの場合は表示が変わります。(天 地 ノド 小口)

2.カラー設定

編集>>カラー設定

2-color

”設定”から、「プリプレス用ー日本2」を選択し、これを基準にします。
colorsetting
※プロファイルを含まないファイルの確認を省略する場合は、”埋め込みプロファイルなし”のチェックを外してください。

カラー設定を変更すると、”プロファイルまたはポリシーの不一致”のウィンドウが現れます。

CMYK、RGBそれぞれ、「ドキュメントを調整しない」を選択し、”OK”をクリックします。

2-2cmyk

2-3rgb

3.フォントのチェック

書式>>フォント検索

警告が出ていなければ問題有りません。

3font

上の画像のように警告が出ている場合は、フォントをインストールするか、フォントを置き換えてください。

4.画像のリンク

ウィンドウ>>リンク

画像のリンクが正常であるか確認してください。

4-1link

上の画像のように警告が出ている場合は、リンク先の画像がない場合があります。
再度画像をリンクし直すか、所定のフォルダに画像ファイルを格納してください。

5.PDF書き出し

ファイル>>書き出し

5-output
※別名保存したデータから書き出すことをお勧めします。

=一般=

”PDF書き出しプリセット”を「inDesign PDF Press」を選択しこれを基準にします。

※メニューにない場合は、設定を下記の通りに変更してください。

※プリセットは、設定変更後任意の名称を付けて保存をしておくと便利です。

”互換性のある形式”からAcrobat 4(PDF 1.3)を選択します。

”ページ”はすべてにチェックを入れます。

5-1press

=圧縮=

”カラー画像”、”グレースケール”、”白黒画像”はそれぞれ「ダウンサンプルしない」を選択し、
”圧縮”はそれぞれ「ZIP」を選択します。

5-2

=トンボ=

”裁ち落としと印刷可能領域”のドキュメントの裁ち落とし設定を使用にチェックを入れます。

5-3tombo

=色分解=

”カラー変換”は「出力先の設定に変換(カラー値を保持)」を選択し、

”出力先”は「作業用CMYK-JapanColor 2001 Coated」を選択、

”プロファイルの埋め込み”は「プロファイルを含めない」を選択します。

5-4color

=詳細=

”フォント”は「100%」を選択してください。

”OPI”はチェックを入れてください。

5-5detail

=概要=

設定した内容を確認し、問題がなければ”書き出し”をクリックし、PDFファイルとして書き出します。

5-6

PDFファイルの確認

y[Wgbv

  • コンテンツ open all | close all
  • お役立ち情報 open all | close all